スポンサーリンク

あっという間にあさってから10月。なんと早いことか。

先週は、沢山の誕生日メッセージありがとうございました。とても嬉しかったです。当日は、家族でケーキを食べ、翌日は、少し自然に触れる遠出をしてゆったりした誕生日を過ごしました。

 

9月中旬からの幼稚園、息子も元気に通っています。今年は、同じ先生、同じクラスメイトなので、適応は早かったですね。ただ、2ヶ月半もの自由な生活後の集団生活、結構しんどいですよね。でも、学校で様々な刺激を受け、夏休みより生き生きハリが出た感じもします(抽象的な表現でごめんなさい)。

 

電車ネタが多いのですが、9月にじいじ、おばあちゃんから念願の蒸気機関車のおもちゃが送られてきました!それから、3週間たった今も、大好きで、とっても大事に遊んでいます。

それで、何が面白かったって、毎日遊んでる同じピソの友達も、最近「ジョウキキカンシャ!!」と言い始めたのです。エッ??思わず耳を疑いましたが、”Donde esta ジョウキキカンシャ(ジョウキキカンシャどこ?)???”。初めての日本語がジョウキキカンシャとは。何ともレアで、なんだか微笑ましくなってしまいました。

 

私はというと、9月の2週間メルセデス・デ・コルドバのレッスンを受けてきました。振付クラスを受けること、フラメンコ靴を履くのも約半年ぶりだったので、毎日夜筋肉痛で目が覚めるほどでしたが、メルセデスの身体使い、ソレアの大切な雰囲気を学ぶことが出来て、とても嬉しかったです。

フラメンコとの関りはあっても、自分が踊るということから少し遠ざかっていたので、全てがとても新鮮でした。この気持ち忘れないようにと思います。

Foto:Escuela Flamenca Juan Polvilloより

 

色々書きそびれていることが沢山あるのですが、また追々書いていきますね。

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク