スポンサーリンク

週末、スペイン南部マラガへ行ってきました。

 

今回は、車で行ったので、セビージャを南下し、アフリカ大陸への窓口アルヘンシラスを横切り、ジブラルタルを見ながら大西洋海岸沿いの街、マラガに到着しました。(帰り道に撮った写真ですが、右奥、手前がジブラルタルで、その後ろにうっすら見える山がアフリカ大陸の山です)

マラガでは、夫の友人家族のお家にお邪魔させて頂きました。日本人の奥さまがいらして、私は、子育てのことなど短時間でしたが、色々相談させていただけて嬉しかったです。お招きいただいたお家は、建築家の旦那さんが設計された海沿いの素敵な街にある、とってもモダンなお家、まさに建築雑誌から飛び出したような、欧風のシンプルで開放的な家、建築、インテリアが好きな私は感動しきりでした。

それから、お昼ご飯をごちそうになり、夕方から海へ。。。

ところが、この週末気温が下がり、非常に風も強く、少し足を海に入れただけで「冷たい!!!」。なので、砂浜に座って、ゆっくり海を眺め、息子は砂浜にあった公園の滑り台で楽しく遊び、あっという間に一日が終わりました。

 

マラガは、ドイツなどヨーロッパ各国の避暑地として、また欧州とマラガ空港の交通も良く、夏場には多くの観光客が訪れます。海沿いの街では、看板の英語表記も多く、別荘としての建物が沢山立っており、街並みも、人も、文字も、スペインの中の異国を感じました。

そしてホテルでは、海が目の前にあり、子供向けプールもあるので、多くのベビーカー連れの家族が泊まっていました。食事もビュッフェで、スロープやエレベーターも完備していたので、こういう施設は、子連れでの滞在には最適ですね。

朝ごはんを食べたら、水着を着て、プールサイドや、砂浜のベンチでゆっくり本を読んだり、好きな事をして一日何もせず、のんびり過ごす。ヨーロッパの人々のゆったりとした休暇を楽しむ姿を、垣間見た感じです。

潮のにおい、波の音にとても癒されました。

 

 

最後にちょっと微笑ましい最近の小話ですが、

マラガのエステポナという街に、今月滑り台が完成しました。市の提案で、2点の高低差を容易に移動できるようにと、子供から大人まで利用できる38メートルの滑り台を作りました。私の近所でもちょっとしたニュースになっていたんです。

ところが、この滑り台、スピードが出過ぎて危険、しかもステンレス製、太陽の日差し強いスペインの夏やけどしてしまう!!、あっという間に閉鎖されてしまったそう。日本ではありえないだろうな、本気でこのアイディアを実現してしまう、なんとも、、大けがの人がでなくてよかった。

その様子はこちらです。https://www.laopiniondemalaga.es/multimedia/videos/malaga/2019-05-10-174259-polemico-estreno-tobogan-estepona.html

 

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク